おはようございます! 福岡のホームページ制作会社「メディアクロス株式会社」の大場です。

「大場? そんな人間いたか…?」と訝しんだあなたは熱烈なスタッフブログフリークですね。いつもありがとうございます。そうでない方は、ぜひこれからよろしくお願いいたします。

わたしはマークアップエンジニアとしてメディアクロスに入社しました。埼玉から福岡に引っ越してきて、2021年9月より働いています。

初めてウェブに触れたのは学生時代、2002年頃のことです。ようやく「テーブルレイアウト」や「blank.gif」が終わって、「これからはcssだ!」という流れが始まった時期だと記憶しています。地獄のようなIE6対応・Flashサイトの栄枯盛衰・ブラウザ戦争を経てのChrome躍進・スマートフォンの登場・SNSの隆盛などなど、ここに挙げたのはほんの一部ですが、制作者としてもユーザーとしても、ウェブの歴史に残るようなトピックには一通りふれてきたと思います。

福岡には、2年前に好きなバンドのライブを観るために遊びに行ったことがありました。そのたった一度の機会でガシッと心を鷲掴みにされてしまい、それからいろいろな縁があって、晴れて転職 & 引越となった次第です。

その時に特に強く惹かれたのは大濠公園でした。結果的には違う街で暮らすことになりましたが、最初は大濠公園周辺の物件を探していたくらいにはお気に入りの場所です。引越から数週間、満を持してふたたび訪れた時、胸がいっぱいになって人目もはばからず号泣してしまいました。心で。

わたしはもう一度ここに来るために福岡に引っ越してきたのだと、心の底から思っています。

しかし、いつかまた来たいなあとは思っていましたが、それは「また、旅行で」という程度のもので、まさか転職で引っ越すことになるとは…。2年前は、ここに住民票を移すことになるなんて微塵も考えていませんでした。それなりに生きていますが、人生、何がきっかけでどう転がっていくのか、未だにさっぱりわかりませんね。

新しい環境なのでまだまだ不慣れなところもありますが……なんてことはまったくなく(笑)、毎日、もう何年も前からそこににいたような顔で仕事をさせてもらっています。そろそろ「まだ入ったばかりだから…」という言い訳もできなくなるタイミングなので、バリバリ働いてきっちり会社に貢献していきたいと思います。

さて。あいさつはこのあたりにして。今回は「引越当日を振り返る」「初めての飲み会」の2本立てでお送りします。

引越当日を振り返る

8月某日の早朝。出かける時はたいてい本をカバンに1冊詰めていくようにしています。この日に選んだのは仙台で暮らす歌人・田宮智美の第一歌集『にず』。東日本大震災を体験し、それでも続いていく生活が歌われています。

品川駅構内の京急線乗換改札。いくつか電車を乗り継いで、ようやくここまで辿り着きました。羽田空港まではもう少し。待ってろ、新生活!

情報量が多すぎる…! わたしもよく理解できていません。

無事に羽田空港へ到着。万全を期し、フライトの1時間半前には着いていたと思います。えらすぎ!

ちなみに、わたしが住んでいた埼玉の家から羽田空港までと羽田空港から福岡空港までの移動時間は同じくらいです。

隣が空席だったのでリュックを置いていたら、キャビンアテンダントの方がシートベルトを締めてくれました。ちょっとかわいいですね。

無事に福岡まで到着! この日の暑さと強烈な日差しと空の青さをできるだけ覚えていたくて、会社の近くで撮りました。この日は何の変哲もないただの土曜日でしたが、わたしにとっては、新しく何かが始まる予感に満ちた記念すべき日だったのです。

余談ですが、この日に限ったことでなく、福岡の日差しは関東のそれより強い気がします。目に映るものがどれもコントラスト強めな印象なんですよね。

初めての飲み会

緊急事態宣言が解除されて間もない10月某日、社長が飲みに連れていってくださいました。会社全体での歓迎会はまた別の機会にということで、この日はふたりで。時節柄もあり、社長とじっくり話をする機会をこれまで持てていなかったので、とてもうれしいお誘いでした。

辿り着いたのは西中洲「くーた」。過去のスタッフブログでも何度かご紹介させていただいていますね。

【飯家くーた 福岡 西中洲本店】
http://www.ku-ta.net/hon/

営業時間:17:30 – 翌2:00 (ラストオーダー 1:00)
定休日:不定休

住所:〒810-0002 福岡県福岡市中央区西中洲5-15
電話:092-739-0102
FAX:092-739-0104

アクセス:
・西鉄天神駅より徒歩5分
・地下鉄中洲川端駅より徒歩5分
Google Map

入社から1ヶ月が経って自分が感じたこと、会社のこれまでとこれからについて、福岡と埼玉の違い……話題が尽きることはありませんでした。

ここからは、そんな有意義な時間を彩った料理の数々をダイジェストで紹介します。

もはや記憶が曖昧ですが、これはたしかお通しだったと思います。もうこの時点でわたしはノックアウトです。おいしすぎて。

お刺身盛り合わせ。ピントが後ろのメニューに合ってしまい、ややバッドです。


白子を天ぷらと焼きで。

酒器もしゃれてる! お酒の銘柄は忘れてしまいました…。


魚介からお肉へ。これもピントが甘いですね。帰宅後、ひとりで反省会をしました。カメラの操作方法をおさらいしたのでもう大丈夫です。

もはやピント云々ではないですね。けっこう酔いがまわっていたのかも知れません。ただ、個人的にはこういう写真は嫌いではありません。その時のテンションが伝わってくるので。

こんなにおいしいものをいただいてしまっては、これまでに自分が食べていたものが喉を通らなくなってしまうんじゃないかと不安でしたが、どうにか今も元気に生きられています。ありがたいことです。

社長、ごちそうさまでした!

終わりに

最後までお読みいただきありがとうございました。「自社サイトのスタッフブログに記事を書く」というのは自分にとって憧れのひとつだったので、夢が叶って感激しています。すでにデータベース上には次の記事の下書きが保存されています。わたし、やる気です。

それでは、また!