お客様各位

お世話になっております。メディアクロスです。
今回は先日2019年1月23日よりサービスが開始されたGoogle しごと検索についてご案内いたします。

「Google しごと検索」とは?

Google しごと検索(提供前名称:Google for Jobs)とは、Googleの検索結果に求人情報を表示させる機能です。

これまでインターネットでの求人といえば、Indeedなど求人媒体を利用することが一般的でした。
ですがGoogle しごと検索を利用することで、自社ウェブサイトに掲載している求人情報をGoogleの検索結果に表示できるようになります。

参照:Google しごと検索で、仕事探しをもっとスムーズに!

検索結果画面で表示される位置は、主にGoogle広告の次に求人コンテンツが表示され、ユーザーの目に付きやすくなっています。
※検索結果画面に表示されるのは上位3つの情報のみ

表示された求人をクリックすると専用の検索画面に移行し、カテゴリー・地域・投稿日など細かい検索もできるようになっています。

「Google しごと検索」に掲載するには?

Google しごと検索へ求人情報を掲載するには、2つの方法があります。

  1. 対応している求人媒体に情報を掲載する
  2. 求人情報の構造化データを求人情報ページに追加する

すでに求人サイト等を利用されていれば、特に何もせずともGoogleしごと検索に掲載されているかもしれません。

しかし、自社ウェブサイトの求人情報をGoogleしごと検索へ掲載できれば、採用コストを抑えられるなどのメリットもあるかと思います。
そうなると構造化データを作成し、自社ウェブサイトの求人ページへ追加しなければならず、専門的な知識が必要になってきます。

構造化データとは
ページの情報やデータを一定の規則(構造)に従って記述し、それらのデータに意味を付加すること。
引用:https://www.irep.co.jp/knowledge/glossary/detail/id=10219/

自社サイトへGoogle しごと検索を導入したいサポート会員様へ。

弊社ではすでに基礎技術を習得しており、サポート会員様へのオプションとして

  • 既存求人への構造化データの導入によるGoogle しごと検索への対応
  • 新規でGoogle しごと検索に対応した求人ページの制作

を実施することが可能です。

費用はある程度実績がたまっていけばプラン化しますが、
現状は工数+α程度の費用(数万円~)で実施予定です。

サポート会員様専用窓口アドレスよりご要望詳細を添えてご連絡いただけましたら、お見積りを行います。

※2019年4月現在、規定サポート以上の追加有料見積もりについては、納期が数ヶ月かかる場合もございますのでご了承ください。
※グーグルの仕様が変わったり、技術革新・変動で表示されなくなるなど不具合が起こることはありますので、初動以上の保証はありません。
※サポートパック対象外となります。

ホームページ制作業も奥が深い上に、今回のように様々な技術が日々出現、多岐にわたり、
本当に日進月歩な世界ですが、弊社ではWEB制作会社として芯を見失わない、地道なWEB職人・技術者気質で経営を続けております。
御用聞きのようなことはできませんが、WEBの本質を突き詰めて日々精進しておりますので、ご安心くださいませ。