コストを押さえながらも必要なコンテンツをより効果的に分かりやすくした作りになっています。